悪質業者

無料、有料を問わず出会い系サイトに会員登録すると、その後多くの出会い系サイトから大量のメールが毎日のように送られてくるようになります。

いわゆる『スパムメール』と呼ばれるものです。
これらのメールは登録したサイトの姉妹サイト、広告スポンサーに登録情報が渡った事によって起こる現象ですが、中には悪質な手口で登録した覚えのない人から金銭をだまし取る事を目的としたメールを送ってくる業者も存在します。

当サイトでは、それらの業者を「悪質業者」と呼ぶ事にしていますが、悪質業者の手口は下記の方法が一般的な手口です。

  • ワンクリック詐欺
  • ツークリック詐欺

上記はもっとも悪質なタイプで『ワンクリック詐欺』という名称を聞いた方も多い事でしょう。
身に覚えのないサイトからメールが届き、メール内に書かれているURLをクリックするといきなり「会員登録費、または利用料として何万円をお支払いください」という画面が開かれます。

そのまま利用してもいないのにお金を払ってしまう被害者が続出したのは記憶に新しいところです。
出会い系サイトを利用している気まずさからか被害届を出せずに泣き寝入りする人が多かったのが、ワンクリック詐欺に代表される悪質業者を増殖させる原因ともなっています。

『ツークリック詐欺』も基本は『ワンクリック詐欺』と同じですが、クリックしたURL先はアダルトな画像を集めたサイトで、サイト内のあるリンクをクリックするとワンクリック詐欺と同じように請求画面に変わる手口の事を言います。

会員登録をする画面など一切ない状態で金額を請求する事自体がおかしい話なのですが、出会いサイトが普及し始めた頃は、登録に関する知識がない層の利用が多く「やはり出会い系は料金が高いな」と渋々と払ってしまう人たちがいました。

そして、1回でも払ってしまった人達へは別の悪質業者から別の勧誘メールが届くという悪のスパイラルが起きてしまいます

対処方法は「無視すること」です。特に自らが登録した覚えの無いサイトからの請求は絶対に支払いをしないでください。当然のことですが「問い合わせ先」と書かれている電話番号に自ら電話するなどは「ネギを背負った鴨」の状態です。どんどん身に覚えの無い事柄から請求額が増えていきます。

出会い系サイトに登録する場合には、捨てアドレスと呼ばれるものを用意するのが対処方法のひとつです。捨てアドレスとはヤフー、gooに代表されるフリーメールアドレスのことで登録するアドレスをフリーメールアドレスを利用することで万が一、トラブルに巻き込まれてもアドレスを捨てる事で危険から回避することができます。間違ってもプロバイダーから提供されているメールアドレスでの登録は控えてください