少額訴訟について

当サイトでは不当に請求された金額や身に覚えのない請求に関しては無視することをお勧めしています。しかし、これだけは無視してはいけないという請求が存在します。

それが、今回紹介する「少額訴訟」です。この少額訴訟とは、60万円以下の支払いを求めるときに起こす訴訟であり、その手続きは簡易裁判所で受け付けています。訴訟後の判決までの期間が短く大抵は1回の審理で判決が決まります。

この少額訴訟は本来、小額のトラブルを迅速に解決するために設けられたものなのですが、悪質業者はこの少額訴訟を利用して訴えを起こします訴訟が受理されると裁判所から正規の「呼び出し状」が届きますこの「呼び出し状」は普通郵便では届かず、必ず「特別送達郵便」として送られてきます

この「呼び出し状」に記載されている日時に裁判所へ出頭しないと悪質業者の言い分が認められ、身に覚えがあるないに関わらず請求された金額を支払う事になってしまいます。支払いに関する控訴は1回しか認められないので「呼び出し状」が届いた場合には必ず裁判所へ出向き請求に対して控訴する意思を示すことが肝心です

また、悪質業者による少額訴訟を使った被害に対応するため現在では国民生活センターでも相談にのってくれるので裁判所へ出向く前に国民生活センターを利用することをお勧めします