無料系サイトの罠

無料サイトで本当にあえる?

結論から言えば、「無料サイトでも出会いはあります。」

条件付きなのが痛いところですが・・・

出会える条件のひとつに自分の住んでいる地域は会員数が多いか?が出会いの大前提です。
会員数の多い地域と少ない地域がはっきりとあるので仮に首都圏でない地方の会員の場合は首都圏の会員と比べて出会うチャンスは下がってしまいます。

次に有料サイトと違いメールの送受信にポイントが発生しないので男性会員から人気の高い女性会員へは多くの男性会員からアプローチのメールが届くと予想されます。ここで数多くの男性会員に負けないメール内容で女性と親しくなる必要があるのですからハードルは高いと言えるでしょう。

無料サイトには有名どころから出来立てのサイトと千差万別なのですが出来立てのサイトに登録しておきライバルのいない間に女性会員と親しくなるのもひとつの方法と言えます。

出来立てのサイトの場合では会員数が少ないというデメリットもありますから興味をひく会員を見つける事が難しい場合もあります。その場合は大手、老舗のサイトへも登録しておきメールでの会話や相手の見つけ方など試行錯誤を繰り返して場慣れするのも良いでしょう。

無料サイトに登録する女性会員の特徴は「メル友、友人探し」など友人としての相手を探している会員が多いという事です。もちろん中には、それよりも一歩進んだ関係を求めている会員もいますが、ごく少数ですし、男性会員同士での競争率もかなり高いでしょう。

つきなみですが、まずは友人として気が合うかどうか?をお互いに確かめてから実際に会う約束をするという段階を踏んだ方がドタキャンもなく安心して会うことができます。気をつけたのはメールでは互いの容姿は確認できません(写真付き会員登録をしている人もいますが無料の場合は稀。)のでお互いに親しくなり信用関係を気づいたうえで写真交換、アドレス交換など申し込むべきです。

いきなり写真交換、メールアドレス交換を申し込んでも女性会員としては危険を感じて貴方から距離を取ってしまうケースもありますから、まずは友人としてお付き合いできるか確かめた上で次のステップへ進んでください。

無料サイトを利用する上でお金はかかりませんから、メールのやりとりも無料で何回でも可能なのですから節度を保ちつつマメに連絡を取り合ってください。ただし、あまりマメすぎる(日に何十回もメールする)と嫌われる原因にもなりかねませんので、その点も注意が必要です。

違法課金サイト

違法課金サイト=ワンクリック詐欺と考えて良いでしょう。

今ではワンクリック詐欺は無視しておけば大半は問題ないのですが、業者の中には無視されるのを前提に請求できる仕組みを作り出している悪質な業者も存在します。

ここではワンクリック詐欺の仕組みと対応について解説します。 ワンクリック詐欺の手口は貴方のメールアドレスにメールを送り文中にあるURLをクリックさせるのが目的のタイプと自分が運営している無料サイトにさりげなくクリックしてしまうようなタイトルを組み込んで詐欺サイトへ誘導する2つがメジャーな手口です。

img1.gif


実際に管理人が受け取ったメールでは下記のようなタイトルと内容でメールが届きました。
私の裸見たってしょうがないでしょ(ーー;)
もーー絶対に次はしないからね(-_-メ)
http://www.adult-box-69.com/?bc=l1&me=DjjeHB2C6Rb9OH9H8kH7rH8H3HLH4F3HBgvE86k9Hk8kHD75DLZ83H88

p.s 凄い事になっちゃった(>_<)
  早く会いたいよーー

突然このようなメールがメールアドレスへ送られてくるのですがw
URLをクリックすると如何にも怪しいサイトへと飛びます、そして本当に目に見えない場所(サイト下段に)まったく法的に効力のない「利用規約」が背景に馴染んで書かれています。

このようなサイトで実際に画像をクリックすると別画面で「登録完了」と表示され貴方のIPアドレスなどの情報が表示されます。大半の人はここで自分の情報が相手に伝わったので請求される料金を支払わなければならないと考えてしまうかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。
冷静になれば自分の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、本人同意などがなく請求するのでしょうか?ほとんどの出会いサイトでは氏名、電話番号などの登録義務を行っているサイトは少ないです。

有料系出会いサイトでさえも支払い方法はコンビニ支払い、カード払い、銀行振込に限られています。しかも支払いの段階になって初めて氏名の入力を行うようになっています。ですから、上記のサイトを間違ってクリックし請求がされたとしても無視して大丈夫です。

ただし、気をつけて頂きたいのは中には巧妙な手口で突然、「少額訴訟」を訴えてくる業者もありますが、この場合には本人確認を事前に行った上での請求か否かが焦点となるので業者側にとってもリスクの高い請求となります。

もし、自分の行動で会員登録したが、高額な請求および不当な請求をうけた場合は逆にこちらから提訴することも可能です。小額請求をうけたらすぐに消費者センターなど最寄りの相談所に相談し小額訴訟に対して控訴してください。

なにもせずにいると「本当に請求金額を支払う事になります。」この点は充分注意してください一番の防衛方法は怪しいメールは削除する、受信拒否にする、URLはクリックしないの三原則です。

メールアドレス収集型

前回に紹介した別サイト誘導型と連動するタイプとしてアドレス収集型があります。
このタイプの目的はただひとつ、とにかくメールアドレスを収集することです。収集したメールアドレスは別の出会いサイトや違法なワンクリック詐欺サイト運営者の手に渡り、貴方のメールアドレスへメールが届きます。

身に覚えの無いサイトや人間からメールが大量に寄せられた経験のある人もいると思います。
そのほとんどが登録先の情報が別会社に渡ってしまった。または登録した出会いサイトの運営会社が別に運営している出会いサイトへ勝手に登録されているかのどちらかです。

img1.gif


アドレスを収集されると無差別にメールが送信されますが。それらは「仮登録」状態なのでクリックして実際に登録しない限りは受信拒否アドレス設定するだけで対処できます。
ちょっと考えてみれば分かりますが、自分のプロフィールに何も書いていない状態で登録されているサイト(年齢も自分のハンドルネーム、サイト利用の目的や好みのタイプなど)から女性側からコンタクトなどありえない話です。

逆の立場で男性会員が何も記入されていない女性会員をみつけて連絡するでしょうか?
つまり、身に覚えの無いサイトからメールが届く場合、そのほとんどがサクラメールと言えます。
何度も書いていますがサクラの目的は有料サイトに登録させてポイント購入(支払い)をさせることにあるので、男性会員は少なからずサクラからの騙しに会ってしまう危険が高いという事です。

身に覚えの無いサイトからのメールは受信拒否を前提に楽しく出会いサイトを利用してください。

有料系サイトへ誘導

無料系出会いサイトに登録し、女性会員からの連絡を受ける中に必ず含まれるのが、別サイトへの誘導メールです。

このタイプのサクラ会員の目的は別サイト=有料サイトへ会員登録させることです。
会員登録をさせるために無料系出会いサイトへ女性会員として登録し、男性会員へメールを送ります。
管理人が実際に受けたメールは下記の内容でした。
 「はじめまして。○○と言います。すぐにお会いしたいのですが会えますか?
 やっぱり会うためにはお互いに連絡とれるようにアドレス交換が必要だと思うんですけど・・・
 このサイトはメルアド交換無理っぽいので、ここに私のメールアドレスと写真のせてます。
 そちらを確認して連絡くれますか?待ってるね。
 http://www.○○○.○○.com/○○○./(という風に別サイトのURLが貼付けられています)」
実際にURL先をクリックすると確かに女性の写真とメッセージ(内容は自己紹介程度)を確認することができましたが、そこでも会員登録をしないと相手へコンタクトができない仕組みとなっています。

しかも会員登録先が有料サイトとはURL先には、一切記載されていません
会員登録を行い相手へメッセージを送信してから有料系出会いサイトのトップページが表示されるという巧妙さです。

img1.gif


実際に金額が発生する被害はありませんでしたが、このサイトへ登録後に複数の有料系出会いサイトの女性会員からのメールが急増しました。(おそらく全てサクラメールです。ハンドルネームもなし。年齢もなし、メールアドレス登録もしていない男性にわざわざメールを送る人はいないと思われるからです。)

このタイプは連動して次に紹介するアドレス収集型と結びついているケースが多いようです。 パソコンを使った会員登録の場合はいつでも捨てる事ができるフリーメールアドレスを利用することをお勧めします

なりすまし系

「無料系出会いサイトにひそむ罠」と題して、実際に管理人が体験したことを書き留めておきます。
なりすまし系・・・と題してたタイプはいわゆるサクラ会員のことです。
実在しない女性、男性会員になりすまして他の会員へ連絡を取ったりすることを楽しむ輩が実際にいるようです。

管理人も無料系出会いサイトで何人か会う約束をしたのですが、待ち合わせ場所へ行くと実際には居ない会う約束の日が近づくと連絡が途絶えるなど経験しました。

これらのパターンとして共通していたのが有料系出会いサイト並みに先方からのコンタクトが頻繁にあり、日に数通もメールが届きます。このやりとりの中で相手との距離が縮み親近感を覚えてしまうのですが、ここで冷静に相手の出方を伺うのが得策です。

なりすまし系に多いのは実際に待ち合わせ場所を自分から指定することが無いという事。これは土地勘の無い人間(サクラ会員の殆どは土地勘なしです)なので場所を指定することができないからです。
それでも今ではグーグルマップなどを利用してこちらの住んでいる地域をあらかじめ聞いておいて指定場所を連絡してくるパターンも増えてきています。指定する場所で多かったのが下記のような場所でした。
  • 駅(何日、何時に○○駅でお待ちしてます)
  • 一番大きいデパート名
  • ○○図書館前
  • ○○のコンビニ名

などです。実在する地名、建物名なのでうっかり信用してしまうかもしれませんが、ここで逆に本当に地元しか知らないお店名をこちらから指定するなどして相手の出方を伺ってみましょう。

例えば
「何日の何時にランチどうですか?○○で(○○は実際には存在しないお店)パスタとかどうですか?」など質問してみましょう。本当に実在していれば向こうからおかしいことに気がついて聞きかえてくることでしょう。逆に、「なりすまし系」だと喜んでOKしてきます。
OKしてきた場合は、その後の連絡はしないようにしましょう。だって嘘の相手なんですからw
実際に会ってからも、がっかりする事もありますが、実際に金銭を使って連絡を取る有料系出会いサイトではなかったので実害が少ないのがせめても救いではあります。